長嶋正樹の靴屋稼業50年 その15

June 6, 2016

1972年の冬、東京に大雪が3日間も降り続いた事があった。

 

池袋のターミナルでは郊外に帰る人が、革靴やパンプスでは帰れない。

 

ゴム長が必要なのだが、周りの靴屋ではゴム長は置いていない。

 

僕の池袋店でも普段は置いていないのだが、

 

高田馬場に在ったいつも親しくしていたトーヨーゴムの系列問屋に電話して

 

在庫のゴム長を持って来てくれと電話をした。

 

元自衛隊に居た通称『軍曹』が吹っ飛んで来てくれ、

 

ピストン輸送でゴム長を届けてくれた。

 

お客様はゴム長の到着を待っていて、ゴム長が到着する度に

 

あっと言う間に完売し、その月は記録的な売り上げが出来た。

 

 

続く

 

 

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square