長嶋正樹の靴屋稼業50年 その31

August 22, 2016

Thom Macan 4

 

スペリーさんがアメリカに帰ってから間もなく舟橋常務が僕を呼び、

 

京都の河原町にあるBALビルの「館」と言う

 

小さな高級婦人靴専門店を「売れる店」に変えられないかと言う。

 

BALビルのB1にある店は好調だが、「館」は最上階にあり苦戦していた。

 

「わかりました!」と言って、僕はThom Macanの店に変えようと即座に思った。

 

VAXのスニーカーとThom Macanのワークブーツで

 

アメリカンカジュアルに特化したシューズショップを創ろうと考えた。

 

当時、日本中を探してもそんな店はなかったのだ。

 

オープンすると、各方面から評価が高く、売上も良かった。

 

翌年1976年に大阪の阪急ファイヴの6階を増床するので

 

そこに出店して欲しいとオファーが来た。

 

 

続く

 

 

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square