長嶋正樹の靴屋稼業50年 その50

January 5, 2017

杉谷さんとアメリカ撮影旅行 1

 

 

Thom Mcanの店造り、Made in USAツアー、Oregonツアーで

 

すっかりアメリカに魅せられた僕は、

 

毎日「アメリカに行きてえな~」と思っていた。

 

仕事は関西地区の営業責任者と販売促進、宣伝マネージャーとして、

 

しゃかりきに頑張っていた。

 

そのお陰か関西の営業成績は好調だった。

 

東京管轄の営業成績に比べ、売上も店舗のイメージもかなり差をつけていた。

 

そのせいかどうか分からないが、社長から東京に戻って来いと辞令が出た。

 

1981年の春、9年ぶりに東京にに戻る事になる。

 

いつでも美味しいイタリアンが食べたいので、関澤さんの店 ”SAVINI” がある立川に居を構える事にした。

 

東京での肩書きは「総合企画室長」で個室の席を与えられた。

 

だが関西に比べ、仕事への熱気が違っていて戸惑っていた。

 

そんな時、関西本部の舟橋常務から「300店舗達成記念のイベントを

 

アメリカブランドの靴を輸入してアメリカンシューズフェアをやったらどうか?」

 

と僕に相談があった。

 

「や、やりましょ!すぐにやりましょ!」と答えたのは言うまでもない。

 

靴の輸入は、常務と慶応大学の同級生の山藤さん、LAに居るAdlerさんの協力を得て、

 

我々が希望するブランドを集めて貰える事になった。

 

 

続く

 

 

 

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square