長嶋正樹の靴屋稼業50年 その63

April 7, 2017

日本で初のウォーキングシューズ、ペダラデビューの広告宣伝がスタートした。

 

「ペダラと申す!」のタイトルと動物の足のイラストだけで

 

商品が何か謎のままPOPEYEで何回か掲載した後に、

 

ペダラはウォーキングシューズだと初めてベールを脱いだ。

 

その翌年の1984年にロスアンゼルスオリンピックが開催されるので、

 

POPEYEとタイアップし、1年後のロスオリンピックのマラソンコース42.195キロを

 

ペダラを履いて歩くという企画を立ち上げた。

 

1983年7月10日、POPEYEが募集した若者数人と犬飼さんを隊長としたPOPEYEのスタッフ、

 

ペダラ企画チームがLAに向かって出発した。

 

LAではホテル.ハイアット.オン.サンセットを拠点にして

 

オリンピックのマラソンコースをてくてくとひたすら歩いたのだ。

 

山道もマリブキャニオンの自然道を汗をかきながら歩きまわった。

 

無事に撮影が終わり日本に帰る前の夜、ホテルの隣のビルから火が出て大火事になった。

 

消防車が何台も来て、まるで映画タワーリングインフェルノの様だった。

 

映画の巨大な看板のビルボードに火が燃え移りガラガラと崩れ落ち、

 

凄い迫力だった事を鮮明に覚えている。

 

全員無事に帰る事が出来のは幸いだった。

 

 

続く

 

 

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square