長嶋正樹の靴屋稼業50年 その65

April 19, 2017

話は前後するが、アシックスと契約後、晴れて独立し事務所を構えた。

 

神楽坂の近くの新築マンションのワンルームが僕の城になった。

 

そこに突然インテリアデザイナーの小野さんと2名の弟子が転がり込んで来た。

 

小野さんは関西チヨダの店舗のデザインを担当していて

 

阪急ファイヴのThom Macanをはじめ関西以西の店の全部をデザインしていた。

 

その為、大阪に事務所と住まいを兼ねたマンションを借りていて、

 

僕はアシックスの出張の度に泊めて貰っていた。

 

僕の事務所に急遽来ることになったのは、

 

京王線聖蹟桜ケ丘駅前に出来るショッピングセンターの何軒かの店の

 

内装をデザインをする事になったからだ。

 

ワンルームで製図机が3台が入るとさすがに狭い。

 

年が明け、広い所に引っ越そうという事になり、

 

僕も一緒に西新宿ワシントンホテル隣の2部屋あるマンションに引っ越した。

 

聖蹟桜ケ丘のショッピングセンターにラズベリーアベニューという、

 

小さな店舗を集めたゾーンが出来るので、

 

そこで靴屋をやったらどうかと話があり、店を出すことにした。

 

トレーディングポストの第1号店の誕生である。

 

 

続く

 

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square