長嶋正樹の靴屋稼業50年 その152

January 26, 2019

Buck Wheat Sneaker(バックウィートスニーカー)1

 

2001年位だと思うが、ある日アメリカのフリーマーケットなどで集めたヴァルカナイズのヴィンテージスニーカーを眺めていて思った。昔のヴァルカナイズのスニーカーは今のものには無い味がある。

木型のシルエットやラバーが良い。こんなスニーカーを作りたい。しかもMADE IN USAで。と、またまたとんでもないことを考えた。

 

先ずアメリカのヴァルカナイズの工場を見つけるのが課題だ。

以前、VANSの一族でVANSから追い出され、自分でヴァルカナイズの工場を立ち上げたジミー.ヴァンドーレンがカルフォルニアからオクラホマのルートンという小さな街に移りヴァルカナイズの工場を作った時に行ったことがあるので、貰った名刺の電話番号に電話してみたが繋がらない。FAXを入れてみたがこれもダメだった。

もうやめてしまったのだろう。

 

もうアメリカでは手作りの工程が多い人手のかかるヴァルカナイズの工場はやっていけず、多くのヴァルカナイズの工場は人件費の安いアジアに生産を移してしまったのだ。

 

いろんなアメリカの事情に詳しい人に相談してみると、アメリカにいる知り合いに探させると言って来た。

暫くして回答があって、やはりもうアメリカにヴァルカナイズの工場は1軒も無いとの事だが、メキシコにはあるそうだ。

メキシコで作って最終工程をアメリカでやればMADE IN USAになるのではないか?

 

メキシコの工場に行く事にした。まずロスアンゼルスの知り合いで日本生まれの韓国人を訪ねた。

その知り合いにダウンタウンにある韓国人がやっている小さな商社を紹介され、そこの人と二人でメキシコのレオンにある工場に行く事になった。

 

メキシコのレオンは靴や革の産地である。そこから少し北に行った所にサンフランシスコという街があり、ソンブレロなどの帽子の産地だそうだ。その帽子屋の3兄弟がVALCAMというヴァルカナイズの工場をやっている。

 

続く

 

US Kedsのヴィンテージスニーカー。これをモデルにしてBuck Wheatを作った。

 

 

Please reload

最近の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload

  • Facebook Basic Square